よくここまで生きてきたなあ

今日は昼前から調子が良くて、掃除や洗濯や布団干しや本の整理などをすませました。昨日までは頭ばかりが空回りしていたのに、今は考えるより先に手が出るという感じです。気分も霧が晴れたようにすっきりしていますし、薬を増やした効果が出てきたのかもしれません。

今、加藤諦三の「言いたいことが言えない人」(PHP新書)という本を読んでいます。そこに書かれている「恥ずかしがり屋の人」というのが、かなり自分に重なるところがあって、いろいろ考えさせられます。

恥ずかしがり屋の人は、自分の生まれ育った環境を考えて、「よくここまで生きてきたなあ」と自分の努力に感嘆してよいのである。
この一文を読んだ時、救われたように感じました。もっと自分を大切にしてもいいのだと思いました。

今日のこの晴れ晴れとした気分と、この本のおかげで、この先、まだまだやっていけそうな気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)