« 桜はまだですが、元気です | トップページ | なかなか・・・ »

近況報告

やっと連休になりました。

新学期になって、お弁当作りが始まったり、娘の部活が忙しくなってお手伝いを頼めなくなったり、仕事のペースが上がったり、と、生活のリズムが変わりまして、ちょっと疲れがたまっております。仕事は嫌いでないので、つい熱中してしまって、家でも仕事のことが頭から離れなかったりして、眠れないとかあって、このところ少しばかり不調です。

とは言え、復職してすぐの頃に比べれば、だいぶ楽になりました。
しんどい、大変だと言いながらも、会社には休まず通勤していますし炊事洗濯もそこそこにこなしています。泣きながら電車に乗ることもなくなりましたし、夫がいないことがつらくて息ができなくなるようなこともなくなりました。
夫がいないのは寂しいのですが、夫はいつも私のことを認めて大切にしてくれていましたから、今もきっとそばで見守ってくれていると思います。経済的な支えだったり、物理的なサポートだったりは無理ですが、心の支えにはなります。

やっと連休に入って、昨日、今日とゆっくりのんびり過ごしまして、だいぶ調子を取り戻しました。たぶん、自分が感じているよりも疲れやストレスがたまっていると思うので、連休中は自制して、休むことにつとめようと思います。ついでに、仕事脳をリセットして、復職当時の気持ちを思い出して、連休明けからはペースダウンするつもりです。

今年はなかなか桜が咲かなくてまだかまだかと待ち遠しかったのに、桜の見頃はあっという間に過ぎて、もうすぐ5月です。今年の3分の1が終わります。
復職してすぐの頃は、1カ月がずいぶんと長くて、この先何年も勤めなければならないと思うと気が重くなったのですが、この感じでいけば、息子の高校生活3年はあっという間ですね。その先大学に進むとしても4年。下の子が大学卒業するまで、ストレートで9年弱。・・・何とか頑張れそうです。

今年は7月に夫の一周忌、8月に新盆、来年は三回忌、そして娘の高校受験、再来年は息子の大学受験、と、この先も盛りだくさんなので、細く長く続けられるよう、心と体の健康維持につとめたいと思います。

|

« 桜はまだですが、元気です | トップページ | なかなか・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お仕事順調に続けられていらっしゃるようで、よかったです。ワタシは六月が一周忌です。お互い体に気をつけて過ごせますように。

投稿: ゆ~ | 2012年5月 2日 (水) 20:25

>ゆ~さん
調子はいかがですか?
この連休、夫のお墓参りに行ってきました。夫がお墓に入っているという感覚がなくて、何だか変な感じでした。

投稿: tellabo | 2012年5月 6日 (日) 07:53

六月から復職します。何とか続けられればいいなと思います。ツツジやサツキ?がきれいに咲いてます

投稿: ゆ~ | 2012年5月11日 (金) 12:51

ともです。

お久しぶりです。

順調ですね。

私、1月コメント後、入院しました。
そして失職しました。
闘病も続けており、生きる術がありません。

どん底ですが、こんなクズでも何故か今も生きながらえています。

とうとう、精神科に再通院するようになり沢山処方を受けています。
かなり悪いのか、頓服が2種類あったり、入眠剤や漢方なども処方されています。
また薬漬けの副作用でむちゃくちゃになるのかと、恐怖心でいっぱいです。

私は社会復帰無理なようです。

投稿: TOMO | 2012年6月 3日 (日) 05:49

>ともさん
ご無事でなにより。
音沙汰がないので心配していました。

自分のことクズとか言っちゃダメですよぉ。
今はたくさんたくさん休んで、自分のことを大切にできるぐらい心が回復するのを待ってください。
私の通ってる病院でも患者さんが増えてますし、近所の総合病院のメンタル科も初診を受け付けられないほど患者さんが多いそうです。誰だって罹る病気ですし、治るまで仕事をしないでゆっくり治療するのも一般的ですし、ともさんはクズって言われるような人じゃないです。普通の病人です。
今の病院はどうですか?頼れそうですか?全幅でなくてもいいから、どこか落とし所の見つかる相手だといいのですが・・・。

>私は社会復帰無理なようです。
ただしくは、「当分は」無理、ですね。
そんなに急いで結論を出さなくてもいいじゃないですか。
まずは回復するまで自分にやさしくやさしーーーくしてくださいね。

投稿: tellabo | 2012年6月12日 (火) 18:39

コメントありがとうございました。

でも、限界です。

財産は身内にすべて奪われ、それでも再起しようと就業しましたが入院。
何とか退院したけど就職活動中に自動車事故。
PCに欠かせない左人差し指が駄目になりました。
今でもまともに打てません。
唯一の優位的な得意事項が損なわれました。
だから自尊心も信念んもすべて失いました。
このおかげで就職活動もすべて不採用です。
もう空しいので、保障も最低限しか請求していません。
こうなっては不要だから。

こんなもんじゃない、身内が息の根をとめてくれる。
彼らの肩代わりした負債で裁判になり、弁護士雇えないから自分で答弁書提出したり口頭弁論してます。
父親はカルト宗教に没頭しだして私をお払いに連れて行こうとやっきになってます。
電話とかで無視してると、家まで毎日、それも1日に何度も来て、チャイムを短い拍子でピンポン、ピンポン。。。。。。と永遠と思えるほど鳴らします。
以前ひきこもっていた時の母親のけたたましいドアの開け閉めの音を思い出し怖くて動けなくなってます。
だから、現在すでにひきこもりです。
それでも精神科Dr.へ相談しに行きましたが、逃げるしかないと言われ、頓服が増えました。

息子を更生させるために支援してくれず、カルトなことにお金をかける。私の周りはすべてこんなもんです。

悪いイベントはこれ以外に数え切れないほど起こりました。

もう、対処できません。
そしてあきらめました。

最後に子供達の現在の状況を少しでも知ろうと、遠隔で調査してみましたが、住んでる家の画像だけ見つけて、その他何も分かりませんでした。前妻の姉のFacebookとBlogを見つけましたが子供たちのことは何も書いてありませんでした。

これらを踏まえて、前妻へ身内のことを含めたこれまでの恨み辛みの怨念を吐くことと、子供たちへの思いを告げ、もう逢えないと悟って、早々に自ら逝く旨の手紙を書きました。
これから送るつもりです。離別してから初めてです。

とうとう娘と息子には離別してから一度も逢うことができませんでしたが、物理的にも、精神的にも、ましてや子供という人的な特別な財産すべてを根こそぎ奪われた以上、もう思い残すことはありません。

それなりの量の薬も所持してますし、精神科に行けば幾らでも処方してくれます。

方法は固まりました。

それでは、私は逝きます。

投稿: TOMO | 2012年6月13日 (水) 07:22

>ともさん
待って待って、だめだよ。
お子さんたち、将来ともさんに会いたいと思った時に、ともさん居なかったらどうするの? あのねあのね、どんな人であっても父親は父親だし、てわかるでしょ。ともさんだってお父さんのこと切れずにいるじゃないですか。もしかしたら、生きてて恨みつらみ言われるだけかもしれないけど、それを受けてあげるためにも生きてなきゃだめですよ。今は病気なんだからそんな決断しちゃだめですよ。帰ってきて、ともさん。ともさん。ともさん。

投稿: tellabo | 2012年6月14日 (木) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜はまだですが、元気です | トップページ | なかなか・・・ »